スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016年度第1回運営委員会報告

4月13日(水) 13:30~15:30 浦和コミュニティセンター 第6集会室
出席者数   34名(内役員12名)
unneiiinkai.jpg

◆運営委員会のあり方とそのメンバーについて
○変更点
 ・4月の運営委員会は総会前でもありご意見等を頂いて話し合う会とする。
 ・12月のバザーの前の運営委員会は交流を主にして 
  運営委員に限らずどなたでも参加可とする。
 ・4月の運営委員会は交通費を払うことにする。
○メンバーについて
 ・各代表の方々に絞った方がよい。人数を限定して話し合いをする。
 ・支部だけでなくサークルの代表もお願いしたい。

 ・やってみて、その結果でまた変えていけばよいと思う。
   ↓
運営委員会の名称は変えず4月は新しいメンバーと方法でやってみることとする。

◆今秋の行事について
 役員会で出ている案として
 東京湾クルーズと熊谷・妻沼聖天様を巡る旅の2案を説明。

◆ミニ支部の助成金が増えたことについて
 ・会員を増やすために有効な葉書を多く出せて助かっている(熊谷ミニ)
 ・ミニ支部会に含まれる市町村が増えたため、連絡にお金がかかるのが大変だが、
  コピー代など個人負担が少なくなった(川越ミニ)

◆埼玉支部創立20年事業について
 記念誌または支部だより特別号のような形にして全会員に配布するのはどうか。
 積み立て金5万円×4年分=20万円 有効な使い方をしたい。
 
◆その他の意見や質問
・支部長の任期を3年にしてはどうか
・毎年クリスマスカードは申し訳なくていらない
(交流奉仕部が毎年ご高齢の方50人にオリジナルクリスマスカードを送っています)
・交流奉仕部の新年会の募集対象について
(担当者欠席につき後日確認したところ、交流奉仕部会の新年会ですが
 定員内であれば希望者はどうぞ参加してくださいとのことです)
・本部からの補助金もあるので支部活動も初期の目的を維持してほしい。
 ミニ支部もモットーを忘れないで欲しい。
・記念誌を作るとしたら交流奉仕部にも手伝ってもらうのはどうか?
・パソコンをやらない方への伝達方法を考えて欲しい。

 ※担当で検討させていただきます。

◆初参加者紹介(二名)

社会福祉法人「けやきの郷」訪問(2016)

2016年1月13日(水)、役員と有志、計12名で川越市にある社会福祉法人「けやきの郷」を見学に行ってきました。

注:社会福祉法人「けやきの郷」は埼玉支部が毎年寄付をしている、2つの施設のうちの1つ(もう1つは、さいたま市の社会福祉法人「さくら草」)。
  埼玉支部の森晶子さん(48専国)が発起人の1人として立ち上げから関わってきたご縁で、
  20年以上賛助会員として支援を続けている。

「けやきの郷」は、義務教育が終わっても、どこにも行き場のなかった自閉症の人たちの親が発起人となって1985年に設立された自閉症をもった成人の人たちのための専門施設です。
川越市街から車で20分程かかり、敷地の脇に流れる川は度々氾濫していたようです。決して良い条件の場所ではなかったと思いますが、地域住民の反対を受けることも多く、この土地での建設に至るまでに7年かかったそうです。現在では、水害の問題も徐々に良くなっていて、その大きな敷地に、寮、作業施設や工場、周辺にはワークセンターやグループホーム、農場を有します。今回は、そのうちの3つの施設にお邪魔しました。
keyaki1.jpg

続きを読む »

2015年冬の運営委員会&バザーの報告

12月9日(水)13:30~ 常盤公民館で運営委員会とバザーが開催され
40名近くの方が参加されました。
1209-1.jpg

◆運営委員会

・各ミニ支部と交流奉仕部、サークル等からの報告。

・手芸の会とプチさいたまから寄付をいただきました。

・運営委員会を今後どのように運営していくか役員会からの説明があり、
 みなさまのご意見をお聞きしながら検討していくことになりました。

◆バザー

今年は二年ぶりに常盤公民館で開催され、待望のお抹茶が復活しました。

「手芸部コーナー」「宝寿茶販売」「社会福祉法人・さくら草コーナー」
「ハーブの店」「越谷ミニ支部リース販売」、持ち寄りのテーブルには、
大根のビール漬け、パウンドケーキ、お米、柚子、梅干し、
七味唐辛子などの品々が並び、賑わっていました。
1209-2.jpg
バザーが終わって大勢の方が帰られたあとで
社会福祉法人「さくら草」に寄付をお渡ししました。
「定期的に販売できることで、作る張り合いができたと、みんな喜んでいます」
と感謝の言葉をいただきました。

みなさまの温かいお気持ちと貢献に感謝申し上げます。

          大木直子  役員一同

「けやきの郷」より感謝状をいただきました

埼玉支部は同窓生のご縁から「社会福祉法人 けやきの郷」に毎年寄付をおおくりしています。
この度、けやきの郷が三十周年を迎え、記念誌と感謝状を頂きました。

※クリックで拡大します↓
2015keyakinosato.jpg

こちらが記念誌です。
keyakinosato.jpg

毎年続けて支援してゆけるのは、バザー、手芸の会、観劇の会など、みなさまの多大なご協力のおかげと感謝申し上げます。

今年もバザーを12/9(水)に予定しています。
どうぞよろしくお願い致します。

2015年支部長メッセージ

支部長3
 5月23日総会が無事に終了し、新しい役員を迎えて今年度の支部活動が始まりました。
 新たに支部長に就任しました大木直子です。

 この素晴らしい支部を立ち上げてくださった初代の方々から、これまで進化発展させながら引き継いで来られた皆様の歴史とその思いを大切にします。
 新しく越谷ミニ支部も加わり6つとなった各ミニ支部の活動を、これまで以上に充実させ、また時代の変化に対応していく柔軟性をもった支部活動を目指して、役員一同活動してまいりたいと思います。

 会員の皆様が、元気に楽しく活躍して頂ける機会をたくさん作っていけるよう頑張りますので、若輩者で至らぬことも多いと思いますが、温かいご支援ご協力をよろしくお願い致します。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。