新たな運営委員会を目指して

小河支部長    小河 徹子

「支部だより」の印刷にネット印刷を導入し大幅なコストダウンが実現しました。
しかし発送作業をする運営委員会の日までの印刷物の保管と運搬の負担が増えてしまい、コスト、セキュリティー、手間など総合的に判断し発送を外部委託することになりました。

それにより今まで発送作業にかかっていた時間の余裕が出来たので、この時間を支部運営のために有効に使いたいと思います。

日頃、各ミニ支部間で情報交換する機会は殆どありません。
どのように新たな参加者をお誘いしているか、どんなイベントを企画し、喜ばれているか、悩みや課題についても情報を共有することにより、教えられたり助け合ったりすることが可能になると思います。

今回は秋の探訪について場所や日程などのご希望、今までに行ったところで良かったところ、改善してほしい点など、みなさまのご意見、ご要望をお聞きして役員会で検討したいと思います。

話さなければ伝わらないこともたくさんあると思います。
支部運営一般についても、どんなことでもお話をお聞かせください。
支部への関わりの長い方には経験と知恵を、日の浅い方には参加していない同窓生の気持ちをお話いただき、どうやって参加する方を増やしてゆくか考え、共に埼玉支部を発展させてゆきましょう。

また様々なサークルの活動の内容もお話いただき、参加のきっかけになればと思います。
話し合いの中から、もし新しいサークル活動が生まれたりしたら嬉しいことだと思います。

設立以来、SS精神に則って社会貢献を続けながら同窓生と交流できる温かい会を育ててきて下さった先輩方に感謝し、多くの方のご意見を取り入れ、未来に向けた支部運営を目指したいと思います。

どうぞご協力よろしくお願い致します。