FC2ブログ

コラム

青木玉さんをお招きして

今年度の「埼玉支部の集い」が皆様のご協力により、無事終りました。ありがとうございました。

その中で、青木玉さん(ーこの支部では、先輩の講師を「さん」づけで呼ばせていただいていますので、ここでもそうさせていただきますー)にお会い出来たことを皆さんがよろこんでいらしたのは、私にとっても大変うれしいことでした。
青木さんにご講演をお願いすることになったこの半年のことを少し書かせていただき、幸せのおすそわけが出来たらと思います。

「集い」の全体的なご報告は「イベント報告」に書いていただきましたのでご覧ください。

****************************************

「小石川の家」以来、青木玉さんのご本を何冊か読ませていただいてきた。青木さんのご幼少の頃の記述が、自分の思い出とつながるところがある。(幸田家と我が家をつないで思い浮かべる大それた不遜をお許しを。)薩摩の姑である祖母に気を使っていた母、着物の洗い張り時のしゅっしゅっという音・・・、青木さんのご本の行間に、忘れていた子供のころの風景がよみがえる。
青木さんの着物についてのご本は、出版を心待ちにしている。やはり、子供の頃の母が着ていた着物の思い出にもつながる。私は和服が好き。花柄や小紋も好きだが、紬の織の微妙な柄と感触が大好き。

昨年の春、名古屋の同窓会支部で青木さんの講演会をなさることを知った。私も参加できないか。いえ、わが支部にもお迎えできないか。6月の支部長会の際に、同窓会本部の小畑事務局長にご相談した。「今度名古屋にご一緒する際におききしてみましょう。」とお引受けくださった。
名古屋の講演会の後、小畑さんにお電話すると「ご主人が入院されて、ご本人もお疲れのようで、お話する状況ではなかった。またしばらく後に状況を見て」とのこと。

11月1日、会場の予約がとれて日程が本決まりになった。小畑さんにお電話し、ご様子をうかがっていただくことにした。「先のことでわからないけれど・・・ということでしたが、直接お話をしてください」。お電話とお手紙でお願いする。その頃の状況によるが、との前提つきでご承諾を得られた。
今年3月になって、「支部だより」の原稿を書く時期になり、「支部の集い」の講演のタイトルを決めなければならない。青木さんにお電話する。先方のご都合のわからない時間にお電話したにもかかわらず、丁寧なお話―いつもながら、私ひとりだけでお聞きするのはもったいないようなお話をしてくださる。タイトルは「いま思うこと」にしましょう。

そして、4月も終わりに近づき、「支部の集い」のプログラムの原稿の締め切りが近づいた。「講演会資料」の頁を大体決める。ここに講師のメッセージが入るといいな、でも、何文字おいくら、の方にお願いするのは恐れ多いなと思いながら、お電話でお願いしてみる。そしてその頁をプリントしてお送りした。
月末にお電話があって、「書くのは何文字ですか?」・・・ そうだ、私はしばらく活字印刷のことを忘れていた、スペースにあわせて適当にフォントを上げ下げしていた、と慌てる。う~ん、このスペースだと・・「200字でお願いします。」「印刷にまわすのに日程の都合があるでしょう、いつまで?」青木さんのおっしゃるタイミングでファックスが届いた。追ってお電話があり、「途中に2文字挿入したけど、その分、後の方があいているので・・・。」ああ、青木さんは出版社の方とこうして打ち合わせなさっているのだ、と想像する。

総会3日前に、分担してプリントアウトしたプログラムのホッチキス止めが終わった。確認の意味もこめて青木さん宛にお送りする。それがまだ届かない2日前にお電話をいただいた。「今のところ身辺になにごともないので、講演にうかがえます」 「前日にお電話しようと思っていました」 「そうでしょう。でももし私が留守だったら、何かあったのではないかと気になさるから」

当日、お越しいただいた青木さんは、紺色のお召しものに白地に青楓の柄の帯。あ、あの帯。途端にもう嬉しさでいっぱい。ご本に出ていたあの帯だ。
講演会に続いて茶話会にもお付き合いくださり、参加者は一様にお話や出会いをよろこんでくださった。
でもきっとお疲れになったでしょう。
夜くつろいでいると、電話の音。受話器をとると「小石川の青木です」といつものお声。「気になさっているかも知れませんが、さほど疲れもせず帰って来ました。いただいたお花も・・・おみやげのお菓子も・・・。埼玉支部はのぼり坂にありますね。というのは、役員の方だけでなく皆さんの気持ちがひとつになっているから。あの席で皆さんのご様子を拝見していてそう思いましたよ」とのこと。

総会の前にも後にも、担当者の気持ちを慮って、一歩先んじたご連絡をしてくださる。その心遣いは、何といったらいいのだろう、これこそ「小石川の家」の精神・伝統がしっかりと根付いたお姿といえるのかも知れない。素晴らしい出会いに恵まれた幸せをかみしめている。    (M・S)
 

コラム

ことしも、4月29日の園遊会に「埼玉福祉の店」の幟が立ちました。
この日はお天気にも恵まれ、絶好の園遊会日和でした。

 お手伝いは足りているとのことでしたので、11時頃ゆっくりキャンパスに到着しますと、もう帰路についていらしたAさんにばったり。「こんなにお買い物しちゃった。もう残りは?よ」とのこと。しまった、遅かりき・・・。
 急いで会場に駆け付けますと、大勢の支部のメンバーがお客様相手に大活躍。楽しく賑やかな熱気にあふれていました。手芸の会、けやきの郷、長野ベーカリーの品々がまだまだ魅力を放っていました。作品を作った方、朝早くから売り子さん役をやっている方、支部のパワーにまたまた感動でした。

 もうひとつ凄いと思ったこと=。その日のうちに、guriさんのブログ、Oカメラマンの写真館に園遊会の様子が報告され、「お疲れ様メール」が、ん十通も飛び交っていたことです。
翌日には担当の方から会計報告もいただきました。皆様の善意が沢山集まって、とても喜んでいらっしゃいました。

 今日から5月ですね。仕事を辞めてから“ゴールデンウィーク”のありがた味は薄れましたが、この爽やかな季節は大好き、心弾みます。
そして、17日(土)は、総会「支部の集い」です。ご協力よろしくお願いいたします。      (M・S)

コラム

「支部だより」11-3の編集
 3月20日(木・祝)に川越で編集会議を行いました。今回は4頁だてにして紙面の余裕をつくりましたが、それでも、集まった原稿を大幅に縮小しなければなりません。各サークルの活動報告やお誘いなど、思いのこもった充実した原稿です。でも、それらの文章を、「えいっ」とばかりに、削除・修正していきます。書いた方の意図は充分に理解しながらも、“血も涙もない“とはこのことか・・・?! 判断を迫られます。原稿を書いてくださった方々ごめんなさい。
 “「支部の集い」(5月17日)のお誘い”も今回の大事なお知らせです。
 4月半ば過ぎにお手元に届くことでしょう。 (乞うご期待!!) 
中院しだれ桜2
中院しだれ桜
中院のしだれ桜
 出来るだけ外出を控えている花粉症の身。でも開花のニュースを聞くとじっとしていられません。23日(日)、川越中院のしだれ桜を見に出かけました。   (M・S)

新春メッセージ

明けましておめでとうございます
今年もご支援どうぞよろしくお願いいたします。 (役員一同)


 鏡餅2

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 皆様お元気でよき新年をお迎えのことと存じます。この埼玉支部もますます元気いっぱい歩んでいきたいと思います。今年は子年、活動への参加者がどんどん増えますように。
多様な関心に対応できるバランスのよい会でありたいと願っています。
 この埼玉に越してきて以来、お正月の3日、川越喜多院のだるま市の日に初詣をしています。支部活動のおかげで地域へのつながりと愛着が益々深まりました。      (佐多)          
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
埼玉支部の活動にまだ参加されていらっしゃらない方へ

ぜひ一度、会のイヴェントにいらしてください。
大先輩から後輩まで楽しい同窓の輪が幾重にも連なっています。
ご自分のネットワークにひとつ加えてください。笑顔の美しい同窓の方々の輪の
中に入っていくことうけあいです。                 (武田)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  皆様、あけましておめでとうございます。
  今年はオリンピックイヤー、
  テーマは「同一個世界 同一個夢想」(One World One Dream)
  成功するといいな、と心から思います。
  さて、支部もたくさんの楽しいイベントを企画中、
  皆様、ふるってご参加くださいね。どうぞお楽しみに・・・               (Aze)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 毎年、おせち、お雑煮を作るとき、かつての実家の正月の様子や若い頃の自分が走馬灯のように浮かんで来て、しばし、手を止め、昔にひたってしまいます。
 お雑煮も主人は埼玉ですので、私の生地、九州長崎のにぎやかなお椀の中身にくらべると、さびしくなります。でも、嫁に来たのだから、小松菜、里芋、たけのこ、しいたけ、鶏肉、でわびしいなと思いながら、作ります。主人もお正月は自分の土地柄のお雑煮でなくては、と申しますので。      (相川)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 お正月にはいつも ”氷頭なます”をつくります。鮭の頭の軟骨を薄く切って酢に漬けたものをいくらと一緒になますにまぜます。夫の両親が北海道の出身で姑から伝えられたもので、 これだけでお正月らしさが感じられるので、大事にしています。    (笠原)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 1月の洋菓子は”ガレット・デ・ロワ”(王様のお菓子)で始まります。フランスで昔から愛されている伝統菓子で、円形のパイ生地の中にアーモンドクリーム、それにフェーブと呼ばれる小さな陶器が入っていて、切り分けたときに、フェーブが当たった人は、その日1日は”王様”そして1年中良いことがあるといわれています。お菓子の世界のご紹介まで~。    (長野)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 「この私が、な、なんと年女! さすがの埼玉支部でも、もう「お若い人」とは言ってもらえないでしょうね。といって、先輩方の風格にはまだまだ程遠い私ですが、今年もたくさんの方々とご一緒に支部活動を楽しみたいと思っています。 よろ しくお願いします。      (小阪)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 役員に加えていただいて今年は4年目、皆様と多岐にわたって学び、楽しい時を共有してきました。今では支部活動が私の「心の支え」になっています。この喜びを一人でも多くの同窓生と分かち合いたいと願っています。
 もう一つ、「病んだ地球」を少しでも元気にすべく、今年は個人レベルでも“生活のスリム化”を実行しようと心に決めました。どうぞよろしく!                  (ポコ)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 支部活動に参加するようになって、世界が広がりました。
 素敵なお姉様方に甘えさせて頂いています。
 今年もどうぞよろしくお願い致します。           (島津)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 この年末は、いつも怠けている整理整頓、掃除に精を出し、孫の書初め先生、そしておせちの料理人。歳のわりには頑張りました。今年も朝のウォ-キングで健康を保ち、支部の役員会には顔だけでも出したいと思っています。皆様のパワ-に脱帽です。今年も宜しくお願いします。        ( 叶 )
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 平成の世も早や20年となりました。 灯火管制もなく、有り余るほどの食べ物と便利な機器に囲まれ、そして人の温もりに恵まれての行く年来る年。 これ以上何を望みましょう。 ただ、この平和が続くことを願うばかりです。
 ところで、冬には我が家から見える夕日は富士山のすぐ右側に沈みます。 このことを鎌倉在住の友人に話しましたら、鎌倉では夕日は富士山の左側に沈むそうです。 あたりまえの事実なのですが、何だか感動しました。 自分の立場でのみ物事を考えがちな私の習性を今年は改めようと思っております。 今年もどうぞよろしくお願い致します。    (平沼)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 早いもので今年5回目の子年を迎えることとなりました。
節目にあたって何か新しい事にチャレンジをと思っています。
今からでも何でも出来そうな気がしてしまうのは、
埼玉支部の素晴らしい先輩そして、頼もしい後輩の知恵の輪、友の輪に
入っていることからでしょうか。
今年も楽しくをモットーに支部の行事に参加させていただきます。
ご助言宜しくお願いいたします。   (新井)


         千両



コラム

師 走

いよいよ年の瀬を迎えました。忙しい忙しいと言いながら、何か気の引き締まる、わくわくする季節でもあります。

12月5日に、第8回役員会が行われました。
今回の議題の主なものは、12日(水)の運営委員会の打ち合わせです。スケジュール、発送作業の内容、配布資料の確認を行いました。皆さんにお送りする「支部だより」11-2号も出来上がりました。新年会のお誘いがトップに載っています。
そして、運営委員会にひきつづき3時から行われる、年の瀬恒例の「支部内バザー」についても、細かい打ち合わせを行いました。沢山の方が参加してくださることを期待しています。

役員会に先立って、昼食会を行いました。集まった役員の多くが、チャリティコンサートの際に購入した「手芸の会」の作品を身につけていました。なんだか、アクセサリーで熱い連帯感(?)を楽しんでいるみたいでした。
今日は、別の集まりで、身につけて行ったビーズのネックレスを褒められました。ここでも自慢してきました。わが「手芸の会」の技はすごいですね。匠の集団です!!      (M・S)