FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2018年1月10日 社会福祉法人「さくら草」訪問

平成30年1月10日(水)、社会福祉法人さくら草見学に訪れました。

2014年6月以来3年半ぶりの見学です。
当日は、ご家族がこの施設を利用されているOさんの車他2台で、役員有志10名が参加しました。最初に山本理事長より施設の沿革と概要について説明をいただきました。
20180110_124146-crop_20180116222702256.jpg
          (写真:近藤施設長と山本理事長)

無認可時代を合わせるともう既に30年を超える歴史があるとのこと。
近年は利用者の親御さんたちの高齢化が進んだり、またボランティアの人数が不足しているなど、向き合う課題はつきません。
他の施設に比べてみると利用者に対する職員・ボランティアの人数比率は良好のようですが、ひとりひとりのプログラムに合わせての活動を考慮するともっと人数が必要とのことです。

その後、同法人が運営しているデイセンターを5カ所見学させていただきましたが、ちょうど昼食タイムのため美味しそうな匂いが漂っていました。
私達が部屋に伺うと、利用者の皆さんが手をつないで挨拶されたり、自己紹介やおしゃべりをして下さったりと歓迎してくれました。
部屋の壁には利用者の皆さんの書初めの展示や職員が作成したクリスマスカードなどが飾られており、可愛らしいお手製デザインの陶芸作品・オリジナル石鹸・お茶などの販売コーナーもありました。
山本施設長のご説明にあった「支援する人、される人の場に分けての活動はしたくはない。地域で支えていきたい。」というポリシーにたいへん感銘を受けました。
これからの活動も積極的に広げて、利用者のペースに合わせて華道やバスケットボールなどの新しい行事の取り組みも検討しているとのことです。

子どもから大人まで、様々な障がいを持つ利用者の皆さんが充実した日々を過ごしている様子を拝見し、その日々の活動を支えている職員・ボランティアの方々には頭が下がる思いです。
今回の見学を通して私たちも自分の周りの人々に対して何ができるのかを考える良い機会になりました。
冬の晴れ間にキリっと気持ちがひきしまる一日でした。
集合写真

                     文責・池尻
                           
スポンサーサイト

社会福祉法人「けやきの郷」訪問(2016)

2016年1月13日(水)、役員と有志、計12名で川越市にある社会福祉法人「けやきの郷」を見学に行ってきました。

注:社会福祉法人「けやきの郷」は埼玉支部が毎年寄付をしている、2つの施設のうちの1つ(もう1つは、さいたま市の社会福祉法人「さくら草」)。
  埼玉支部の森晶子さん(48専国)が発起人の1人として立ち上げから関わってきたご縁で、
  20年以上賛助会員として支援を続けている。

「けやきの郷」は、義務教育が終わっても、どこにも行き場のなかった自閉症の人たちの親が発起人となって1985年に設立された自閉症をもった成人の人たちのための専門施設です。
川越市街から車で20分程かかり、敷地の脇に流れる川は度々氾濫していたようです。決して良い条件の場所ではなかったと思いますが、地域住民の反対を受けることも多く、この土地での建設に至るまでに7年かかったそうです。現在では、水害の問題も徐々に良くなっていて、その大きな敷地に、寮、作業施設や工場、周辺にはワークセンターやグループホーム、農場を有します。今回は、そのうちの3つの施設にお邪魔しました。
keyaki1.jpg

続きを読む »

「けやきの郷」より感謝状をいただきました

埼玉支部は同窓生のご縁から「社会福祉法人 けやきの郷」に毎年寄付をおおくりしています。
この度、けやきの郷が三十周年を迎え、記念誌と感謝状を頂きました。

※クリックで拡大します↓
2015keyakinosato.jpg

こちらが記念誌です。
keyakinosato.jpg

毎年続けて支援してゆけるのは、バザー、手芸の会、観劇の会など、みなさまの多大なご協力のおかげと感謝申し上げます。

今年もバザーを12/9(水)に予定しています。
どうぞよろしくお願い致します。

「社会福祉法人さくら草」見学の報告

◇埼玉支部と「社会福祉法人さくら草」

埼玉支部創立の趣旨である“地域の福祉団体への協力”の一環として、毎年ささやかな寄付をさせていただいている施設の一つに「社会福祉法人さくら草」があります。

 社会福祉法人さくら草 | 埼玉県さいたま市浦和区緑区南区
 http://www.sakuraso.net/

◇見学に行ってきました

6月25日(水)、小河支部長と、ご家族がこの施設に通っているOさんの運転する車2台に分乗して役員会の8人が、さいたま市太田窪にある施設の見学に行ってきました。

sakurasou1.jpg

到着すると、初めに施設長の山本さんが、「さくら草」の沿革を話して下さいました。
「どんなに重い障がいがあっても地域で自分らしく暮らせるように支援する」を理念に掲げ、障がい者のご家族と近隣の協力者と行政と連携して、1986年以来一歩一歩、少しずつ充実した組織へと発展させてきたとのこと。その間のご苦労は、計り知れないものがあったに違いないと想像するのですが、山本さんは終始穏やかで誠実なお話しぶりで、この施設全体の雰囲気をうかがい知ることができました。

sakurasou4.jpg


◇活動の様子

続いて施設内の部屋を案内していただきました。いくつかのグループに分かれ、専門家やボランティアの方の管理のもとに、体調を整えるプログラムや、作業、文化活動など個々のニーズにあわせた活動をしていました。当日は理髪のボランティアが来所する日で、施設職員と2人がかりで若い男性の整髪をしていました。

sakurasou7.jpg

陶芸や石鹸つくりの作業でできた製品の販売コーナーでは、役員一同お買い物を楽しみました。


◇入浴施設の見学

その後太田窪の建物から車で10分ほどの同市内本太にある、新しく開所した入浴用の施設を訪ねました。
ここは心優しい地主さんのご厚意が随所に感じられる、駐車場を備え緑に包まれた立地で「地域と共に」の感を深くしました。
にこやかに出迎えて下さった職員の中になんと東京女子大学の同窓生Sさんがいらっしゃいました。
ここは椅子に座った姿勢のままで入れる小さめの浴槽のバスルームと、ハンモック状ベッドから仰臥した姿勢でリフトに乗せられ無理なく体を支えて入浴できる大きいバスルームの2つを備え、休憩室も用意されていました。
南側のお庭では草花つくり、ハーブ栽培を楽しむ方たちもいらっしゃるとか。利用される方の心身が癒される環境が用意されていました。

sakurasou9.jpg


◇見学を終えて

作業のお邪魔になってはとお暇を切り出した途端、急に降り出した大雨に驚き、少し小止みになるのを待つ間、これからも、ほん少しでも何かお手伝いできることがあれば協力をして行きたいと思いました。

            くまきよ

当日のアルバム→ 「社会福祉法人さくら草」の見学

「けやきの郷」訪問記(2012)

2012年1月25日(水)、前日の凍るような寒い日とはうって変わり、青空と太陽の恵みに包まれた一日でした。

 当日の参加者9人で2台の車に分乗し、川越市平塚新田(川越市の北西部にある社会福祉法人「けやきの郷」を見学させていただきました。ここは、自閉症の人たちが生活しながら協力し合い、つぎの5つの事業に取り組んでいます。

1. 障害者支援施設 初雁の家 (定員40名)
初雁

2. 就労継続支援A型 やまびこ製作所 (25名)
やまびこ2

3. 多機能型事業所 ワークセンターけやき (30名)

4. 共同生活介護 ケアホーム5カ所
   (潮寮、第2潮寮、しらこばとの家、七草の家、 あかつき寮)
   各棟に7名ずつ生活している。
あかつき寮

5.埼玉県発達障害者支援センター まほろば(県委託事業として)  

初雁の家
 ここでは次の作業を見せていただきました。

続きを読む »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。