FC2ブログ

ウォーキング会

ウォーキングの会

所沢ミニ支部では第4回のウォーキング会を開きました。
この残暑の中では参加者も少なく4人で、やもうえないことと思いました。
でも今回のウォーキングの会は今日参加の会員の方の熱い思い、優しさ
で迎えました。9月に入ってから支部便り発送の方対象に協力して電話し続けました。全員にお電話できたのです。結果はともあれ会員のかたのお気持ちがとても嬉しく思いました。地道な努力がいつか実を結ぶことを祈ってます。

「支部だより」編集会議

 8月17日(金)13時より、9月発行予定の「支部だより」11-1号の編集会議を、川越市生活情報センター、コミュニティルームBにて開催しました。出席者は編集委員5名に支部長、それに強力な助っ人の若いSさんを入れて7名。
 今回発行の11-1号はいつもよりページ数が多く4ページとなり、まず新支部長の挨拶と10月に予定している埼玉探訪の案内、5月に開催した「支部の集い」の報告、その他いつものようにミニ支部会および各種活動の報告とお誘いという構成です。埼玉探訪は今年は川越を予定しており、比較的近くて誰もが一度は行ったことがあるかもしれない場所であるだけに、どうしたら「支部だより」を通して支部会員の皆さんの興味をひきつけることができるかに知恵をしぼりました。原稿は各担当の方に事前にお願いしたものを、編集委員のほうで適当に紙面に割付け、全員でその内容、全体とのバランス等検討していきますが、支部の活動の活発さを反映するかのように毎回盛りだくさんの内容となり、涙を呑んで一部を変更、削除せざるを得ない状況です。原稿を書いてくださったそれぞれの皆さん、どうぞご了承を。
 編集会議は通常全員が集まる会議を1回開催し、その後はメールを通じて修正を重ねて最終版へともっていきます。委員のなかにはパソコンのレイアウト技術に優れた方もいらっしゃり、写真をとりこんだり、ちょっとしたカットを加えてみたり、また文字の変更等、できるだけ読者の注目を引くように工夫されています。
 なお、次回からはせっかく書いていただいた原稿を削る悩みを少しでも減らすために、従来の編集会議の前にまず1回編集会議をもって、紙面の割付と依頼原稿の文字数を決めてから、実際の原稿依頼をお願いすることになりました。紙面の関係上、すべての活動に同じウェートを置くことが難しいため、今後は重点的にとりあげる活動をいくつかに絞ることも考えています。
 作成された「支部便り」11-1号は9月12日(水)の運営委員会で発送作業を行い、皆様のお手元に到着する予定です。ご期待ください。(KK)

コラム

第1回「さいたま市地区ミニ支部」推進委員会

8月6日(月)午後、常盤公民館で新しいミニ支部(該当地域、さいたま市・蕨市・川口市)を立ち上げるための委員会が開かれました。 IさんとOさんの下準備のもと、支部長を交えて、推進委員たちが活発な意見交換を行いました。 
この新ミニ支部の正式名称は「さいたま市地区ミニ支部」と決まり、愛称は「プチさいたま」となりました。 
そして、いよいよ第1回のミニ支部会が浦和駅東口にできる新商業施設上階の浦和コミュニティセンター10月29日(月)に行われる運びとなりました。 
多くの方々に参加していただければと願っております。 (H)